広報企画委員長特別賞 受賞

この度、当社はこれまで開催してきました「ドローンを使ってプログラミング体験教室」の実績について、四国地方整備局広報企画委員長 特別賞を受賞いたしました。

 

福留開発 大場将史 井上里沙 岸田菜奈

 

当社は2019年より、主に当社が施工する工事現場の近隣小学校を対象に、建設業キャリア教育やSDGs学習に併せてプログラミング教室を実施してまいりました。コロナ禍でもあることから一時期は一切開催できない状況でしたが、昨年からは可能な範囲で再開し、開催回数は15回となりました。

 

建設業キャリア教育では児童の皆さんに「建設業の役割と魅力」についてお伝えし、SDGs学習では皆で未来について、そしていま自分たちに出来る事を考えてきました。

 

プログラミング体験では近年建設現場でもドローンが導入されていることを紹介し、コンピュータの仕組みとコンピュータは人によるプログラミング(命令)によって動くことを学びました。コンピュータに支配されるのではなく、それらはあくまでツールであって、それらを創造力豊かな彼らが上手にコントロールすることで、将来、今の子供たちの活躍の可能性が広がっていくことが期待されます。

 

これからも建設業の魅力について発信し、建設産業と子供達の未来が明るいものになるよう取り組んでまいります。